あがり症に効く薬は?市販薬でもあるの?

あがり症は症状としては、人と食事が一緒にとれない、電車に乗れないなど日常生活に支障をきたすこともあります。
対人場面において恐怖や不安が高まる特徴があります。病院で診療する場合は、SAD(社交的不安障害)と診断されて処方薬がもらえます。高血圧に効く薬などが処方することになります。もともと高血圧、狭心症などに処方するので緊張を抑制する作用が強い薬です。

人は、緊張や不安が高じてくると交感神経が優位になってきます。ノンアドレナリンという神経伝達物質が関係しています。緊張を抑制する効果があるといわれています。有効成分である「プロピラロノール」が、緊張からくるドキドキや不安感を抑える作用があります。

あがり症に効く薬は、処方箋のいるものに限らず、市販薬でもあがり症に効く薬が販売されています。よく聞くのは漢方薬がよく作用するということです。緊張による疲れを緩和するのに用いられている薬があります。神経の緊張を緩和する薬草がカノコ草エキスだといわれています。天然生薬を配合して製薬しています。人前で話すときに飲むと緊張を鎮めて効果が上がるといわれています。重要な会議の前に服用すると心理的にも落ち着きます。こんな時のには市販薬ですから手に入れて服用してみてはいかがですか。

結婚式でスピーチを頼まれたとき、大きな会議の発表で緊張をほぐす必要がある場合。面接試験に臨むときや、ピアノの発表会に臨むとき、初めてのデートをする前に飲むといいです。

有効成分は、漢方薬として天然生薬が配合されています。緊張からくる疲れをいやします。他にネットなどで購入できる抗不安薬もあがり症には効果があるようです。あがり症は、脳が興奮することによってノンアドレナリンが出ることが原因です。副腎皮質から分泌されるアドレナリンというホルモンとも関係しています。

大きなストレスがかかるような緊急時には、通常発揮できないような物質が生まれます。脳にも作用しています。多量のアドレナリンが分泌されると人間の思考や感情に大きな影響を及ぼすことになります。

多量のアドレナリンの分泌で過度の興奮状態がおこり、あがり症の症状がでることにつながります。心臓がバクバクして手に汗をかく、胸が締め付けられるような耐えられない生理反応が生じてきます。こういった症状が日常的に起こるようになった場合は、病院の診断をうけることをおすすめします。診療する医療機関の担当は、心療内科です。心療内科は、様々なストレスが原因でおもに身体に症状がおこる場合に受診するところです。強い動悸がみられたり、日常生活に影響を及ぼす症状を治療します。

処方箋をもらって正式に治療をうけることが一番いいですが、心理的にどうしても自己治療したいという人には、漢方薬などかなりの種類の市販薬を薬局にいけば手に入れることができますので、緊張状態になると思われる場合は事前に服用することをおすすめします。

心療内科は、内科のひとつの分野です。風邪や高血圧や糖尿病といった一般的な内科で扱う症状が原因で起こる症例をもとにして治療します。あがり症は、メンタル面での要素が強い病気です。心理的に原因を解きほぐしてあげれば症状を改善することはできます。その症状を改善する作用がある市販薬は種類が多く販売されています。

イライラや不安に効くものも症状によって使われます。漢方やハーブを用いたリラックス効果が期待できるものがありあります。緊張や不安な状態を、気分が悪くなる前に市販薬を服用することで抑えることができます。植物由来の成分が、イライラや不安を抑え気分を楽にしてくれます。
改善のためには、気分をリラックスさせて症状に対するとらえ方やアプローチを変えていく必要があります。心と身体そして、その人をとりまく環境等も考慮して、それぞれの要素を分けることなく、その関係性も含めて統合的に見ていくのが診療内科の取り組み方です。

実際の現場では、あがり症に対してはそのようなアプローチが必要になることが多いようです。身体の症状がメインですが、検査をしても異常がみつからない。経過から判断してストレスが原因らしいといったことはよくあります。
いろいろなケースがあがり症には考えられますので専門的に治療を受けるか。

日常に気を付けて市販薬で治療を試みてみるのもリラックスを招くことから考えた場合に取り入れてみてください。決して気休めだけでなく漢方の成分や、ハーブなどがもたらす癒しの効果があがり症を改善することはできます。

気分転換、そして緊張感にどう立ち向かうのかが治療のポイントになります。心療内科で専門的に診療をうければ原因を取り除くことができるかもしれません。あくまでも精神疾患とはあがり症は違いますので、内科的診療、市販薬の服用が効果をもたらすことがあることを信じて、専門的見地から治療をすすめてください。変化が望めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です