あがり症の克服方法をまとめてみた

あがり症を克服方法する方法は沢山ありますので、焦らずに自分に合った方法を見つけて克服する様にして下さい。
まずあがり症の主な症状として話が上手くできないと言うのがあります。この克服方法としては、発声練習が有効です。普段から練習する事により、人前でもきちんと話をする癖をつける事が出来ます。
発声練習を行う際は録音や動画を取っておくと日々の変化がわかるので、有効です。自分でも変化に気づく楽しみが増えるので、記録をつけるためにも録音や動画の撮影を行いましょう。一週間に一度位のペースで確認する様にすれば、変化に気づき易くなるはずです。
また発声練習を続けることにより、滑舌も良くなってきますので、自ずと自信が湧いてきます。発声練習は一人の時であれば何時でも出来るので、毎日行なう方が効果的です。特に大きな声を出す必要はなく、普通に話をする練習をして見て下さい。
ここがクリア出来るとあがり症の改善の一歩に繋がります。次に多いのが、動機がしたり、手足の震えもあがり症の方には多い症状になります。これにはリラックスする事が一番です。何度も大きく深呼吸を行いましょう。体が緊張している事により起こるので緊張を緩和させる方法を行う事が必要です。他にも温かい飲み物を飲んで身体を暖めたりする方法もあります。自分が好きな温かい飲み物を飲むと自然と緊張もほぐれます。それでも緊張してしまうならツボを押してみるなども効果的です。身体と心の緊張をほぐす事が出来れば、あがり症も怖くなくなってきます。
次は自信をつける事が必要になります。自信を持って取り組む事が出来る様になるのもあがり症の克服方法です。
スピーチや会議での発表で失敗してしまうのが、あがり症の辛い所なので、これからの克服をしてみましょう。
それには事前準備を怠らない様にする事です。事前準備と言っても難しい物ではありません。
自分が話をしたい内容をノートやメモに書き出すのです。話の内容を纏めて置くと焦らずに話をする事が出来るので、失敗する事もなくなります。書き出すだけで不安な方は、書いた物を声を出して読んでみて下さい。
声を出して読む事により、頭にも内容が入ってくるので発表の場でもスムーズに話をする事が出来ます。自分が納得する回数繰り返し読むと更に効果的です。また書き出した内容は覚える必要はありません。要点を更にまとめてメモとしてポケットに入れて置くなど、いつでも見られるようにしておきましょう。発表の場でもメモを見れば安心して話をする事が出来るはずです。初めから全部は上手くいかないかもしれませんが、準備する事により失敗する可能性は低くなります。
他にもテクニックとして、早口ではなくゆっくりと話をすることや身振り手振りを加える事によって、あがり症を克服する事に繋がります。早く伝えたいと言う気持ちが先行すると早口になってしまい、更に緊張してしまいます。
緊張すると言葉が出なくなるので、悪循環に陥ってしまいます。ゆっくり話をすると話をしながら頭の中で話を整理する事が出来るので、自分でも理解をしながら話を進める事が可能になります。更に身振り手振りを加えて話をすると相手により伝わり易くなるのと身体を動かしながら話をする事により、緊張もほぐれてきます。
また食生活であがり症を克服する方法もあります。食べ物の中には落ち着かせてくれる成分が多く含まれる食べ物があります。成分はセロトニンと言うのですが、多くはお肉に含まれていますので、肉料理を中心にすると段々落ち着いてくるはずです。食生活は直ぐに変える事は難しいかもしれませんが、徐々に取り入れて行く様にして見て下さい。
ここまでの方法を行えば、あがり症も緩和してきているはずですので、一度友人や家族の前で話をしてみて率直な感想を聞いてみましょう。家族や友人はいつも貴方の事を見てくれているので、細かい変化にも気づいてくれますし、素直に本当の事も教えてくれます。会社の同僚や上司だと気を使われてしまう事もあるので、家族や友人に確認する方がよいでしょう。確認した結果変化が出てきたと言って貰えれば成功です。その調子で続けてあがり症の克服方法を続けていきましょう。もしあまり変化がないと言われてしまったらどの辺りに気をつければ良いかアドバイスを貰って見る事にして下さい。アドバイスを元に弱い部分を鍛えれば、あがり症も克服できるはずです。
ここまでは自力で行う克服方法でしたが、どうしても進展しない場合は専門医に相談する事も必要です。
専門医と言っても怖がる必要はありません。主にカウンセリングを行うことにより解決する事が多いので、話し合いが中心です。専門医のプロの観点からの的確な意見をもらう事ができますし、場合によっては緊張を抑える様な処方箋を頂ける可能性もあります。あがり症で悩んでいる方は沢山居ますので、病院に行く事は怖い事でも恥ずかしい事でもありませんので、安心して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です