あがり症で汗が出てしまうのを抑えるには?

人前に出ても特に何もなく、むしろ人前に出たい人もいれば、人前では緊張してしまう人もいます。問題は後者の人で、あがり症の人には汗が大量に出てしまう人もいます。ここぞという場面で明らかに誰が見ても汗だくになっていると、余計に緊張してひどくなってしまうことさえあるでしょう。

これは、精神的な問題ですから、根本的に解決するためにはあがり症を克服することです。ただ、これも決して簡単なことではありません。もともと日本人は緊張しやすい性格ですから、あがり症の人もかなり多いはずです。だから、自分だけがあがり症で悩んでいるのではないと思ってみてください。自分だけが悩んでいると思っている時よりもずっと気持ちが楽になりませんか。そうすると、気持ちが楽になるのでかなり汗の量を抑えられるかもしれません。

そうは言っても、緊張しやすい人が簡単に気持ちを切り替えられるとは限りません。リラックスできれば良いので、緊張している時こそ腹式呼吸を行いましょう。呼吸を整えると幸せホルモンと呼ばれているセロトニンが分泌されるので、気持ちがかなり楽になるはずです。

緊張している時は、どうやって腹式呼吸すればいいのかさえわからなくなるかもしれません。まずは、おへその下にある丹田を意識してなるべくお腹をへこませましょう。一度、息を吐き切ってからゆっくりと鼻から息を吸い込んでください。すると、たくさん空気を吸えるでしょう。特に、しっかりと息を吐くことを意識して行ってみてください。息を吐き切ることがポイントです。お腹がへこんだり膨らんだりするくらいまで行うとセロトニンが分泌されるおかげで汗も抑制できるかもしれません。

腹式呼吸を緊張している時に行うことは有効な方法ですが、根本的に解決したいと思ったら、考え方を変えましょう。あがり症の人は、失敗してはいけない、だけど自信がないというようにマイナス思考になっています。しかし、人間は誰もが完璧に何でもこなすわけではありません。

失敗するとそれを非難する人はいます。それが怖くて緊張してしまう人も決して少なくはないでしょう。むしろ、このようなマイナス思考に陥っている人はたくさんいるかもしれません。ただ、失敗した時に非難する人だって完璧に何でもこなす人間ではないでしょう。人間ならば誰にだって失敗はあります。だから、失敗して非難されたとしても、この人だって失敗することはあるはずだと思うようになるとあまり失敗を恐れなくなるでしょう。

あがり症の人は心配性なところがありますから、何かをやる前から失敗したらどうしようと思ってしまいがちです。必ずしも失敗するとは限りませんし、失敗したとしても次は失敗しないように気を付ければ良いと考え方を変えてみてください。

あがり症の汗を抑えるためには、精神的な問題を解決しないと難しいです。ポジティブ思考に変わるように日ごろから気を付けるようにすると、徐々にマイナス思考ではなくなるでしょうから、あがり症を克服して汗がでなくなるでしょう。すぐに解決するわけではありませんが、ポジティブ思考になれば緊張しなくて済むでしょうからコツコツと続けてみてください。

不安が常に付きまとっているような状態では、なかなかポジティブ思考になれないでしょう。もっと自信を持ってください。自分は周りよりも劣っていると思っていませんか。人間であれば良いところも悪いところも誰だって持っています。だから、あまり自分が劣っていると考えないようにしましょう。誰にだって人よりも劣っているところはあることが当たり前だと思うようになれば自信が付くはずです。

簡単に自信を付けると言っても自信がない人にとってはとても高いハードルです。まずは、小さい成功体験を積み上げていきましょう。これができた、これもできたとたくさんの成功体験を積み上げていくと自分はいろいろなことができる人間だと思うようになるので、徐々に自信がついていきます。小さなことであっても自信につながることが重要なので、コツコツと成功体験を増やしましょう。

あがり症の人は、根拠のない自信を持つくらいでちょうど良いのかもしれません。世の中にはたくさん失敗をしているけれど、根拠のない自信を持っている人もたくさんいます。根拠がなくても自信を持つことは悪いことではありません。それで人に迷惑をかけるようなことをするわけではないのですから、とにかく自信を持ってみてください。意外と世の中の人はたくさん失敗を繰り返しているものです。

失敗しないようにしなくてはと考えることが悪いことではありませんが、それがあがり症につながり、汗が大量に出るようになると大変です。考え方を変えるだけですが、人間にとってはこれが一番大変なことかもしれません。染み付いている考え方ですから、コツコツとできることから始めて変えていくしかないでしょう。自信が付くと性格も明るくなって汗で悩むこともなくなります。