あがり症には運動がいい?するならどんな運動?

あがり症の克服には運動が良いと考えられています。特に、有酸素運動はあがり症を改善するために大切なセロトニンという物質が分泌されます。有酸素というのは、会話をしたり息苦しくない程度の適度な運動のことを意味します。例えば、ウォーキングで合ったり軽いランニングなどはこの典型です。元々、有酸素運動は人間の身体機能を向上させるのに非常に役に立つものです。有酸素運動を継続すれば余分の脂肪が燃焼されてそれがエネルギーとして消費されます。消費されたエネルギーは代謝機能を向上させて血液の流れを良くしますので、身体の健康状態をアップさせるのです。当然、脳にも良い影響を与えますのであがり症にも効果的であると判断されています。
では、なぜセロトニンという物質を分泌させることが大切だと考えられ知恵るのでしょうか。これは、あがり症が自律神経と密接な関連があると考えられているからです。自律神経というのは、人間の健康状態をつかさどるために様々な物質を分泌させている非常に重要な神経です。例えば、人間は外部から過度なストレスを浴びるとそのストレスによって身体的な不調が生じることがあります。こうしたストレスを緩和させないと、健康的な日常生活を送ることが難しくなるわけです。では、人間はどうしてもこうした健康状態を維持しているのでしょうか。それは、副交感神経から分泌されるセロトニンという物質が行っています。自律神経には、ストレスを受け取る交感神経とその交感神経の過剰な働きを抑えるための副交感神経が存在します。副交感神経は、交感神経が受けたストレスを緩和させて身体をリラックスさせる働きを担っています。このリラックスさせる働きを生じさせるのがセロトニンという物質であるわけです。
あがり症の人は、交感神経が敏感で不安やストレスを感じやすい体質になっています。不安やストレスを感じやすいということは、それを抑えるための副交感神経の働きが弱いということを意味します。これはつまりセロトニンの役割が脆弱であることも意味しますので、あがり症の人はセロトニンを効率的に活性化せることによって症状を改善できるわけです。
セロトニンは人間に対してリラックス効果をもたらしますので、苦しい運動よりも楽な有酸素運動の場合に多く分泌されます。例えば、男性の人は筋肉を付けるために腕立て伏せや腹筋運動をすることが多いですが、こうした運動は有酸素ではありませんので実はあがり症にとっては逆効果になります。また、セロトニンの分泌は時間とも関連性があります。そもそも、人間の身体は1日中活動しているわけではなく自動的にオンとオフのスイッチが付いたり消えたりしている状態にあります。体内に時計の代わりとなるものが存在しているため、その時計が反応することでその必要な物質を身体に分泌してくれるのです。では、具体的にどうやって身体のスイッチを切り替えているのでしょうか。これは、日光です。人間の身体は日光を基準として活動しているため、朝の時間帯に日光を浴びると身体の状況が非常に高い確率でリセットされます。実は、このリセットされた状況でセロトニンの分泌量が非常に高くなるのです。ですから、効率的に運動によってセロトニンを活性化させたい場合には朝の時間帯に運動することが大切です。こうすれば、非常に効率的にセロトニンを活性化できるようになります。もう一つ、有酸素運動を行う際に注意をしておく点があります。それは、継続的に運動を続けることです。有酸素運動は、短時間ではほとんど効果がなく継続的に20分から30分程度行い続けて初めて目に見える効果を確認できるようになります。これは、エネルギーとして消費する脂肪の燃焼にどうしても時間がかかってしまうからです。ですから、日光の下でランニングをしたりする場合には必ず20分から30分程度は継続しましょう。
では、このように身体を動かして改善したほうが良い患者とはどのような人なのでしょうか。見極めるポイントはいくつかありますが、特に頭痛がしたり肩がよくこるあがり症の人はなるべく身体を動かしてセロトニンを活性化させるように心がけることです。頭痛がしたり肩が凝るのは、基本的に血液の流れが悪くなっていることを意味し、これはセロトニンが不足している際の代表的な症状であるともいえます。人間は、肩と腰と頭が連動していますので血液の流れが悪くなると自然とその部位に痛みが走ります。ウォーキングやランニングを行うことで健康的な体質を取り戻す人が多いのが、こうすることで血液の流れとセロトニンの状況が改善するからです。ですから、頭痛や肩が凝っている人は早朝に日光を浴びて軽く身体を動かすと良いでしょう。あがり症の人の場合は、身体を動かすことでセロトニンの分泌と身体機能の向上でメンタル面での改善も期待できるので、軽い有酸素運動はあがり症にとても良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です