あがり症は完治することが可能?

大勢の人の前でスピ-チをしたり、会社のプレゼンを行ったりすることが苦手だという人は実は思いのほかたくさんいます。誰だって知らない不特定多数を前にして、スラスラと話ができるというものではありません。しかし、自称あがり症だという人の中には、緊張しすぎて手足が震えてしまったり、言葉に詰まってスピ-チの途中で何も言えなくなってしまうという人がいるのは事実です。そんな人たちは「両親もあがり症だったのだからしかたがない。それに自分は積極的な方ではなく、これも性格だから、治しようがない。ただただ人前で話をする機会が巡ってこないように祈るのみ」だと考えがちですが、実はあがり症は遺伝とはまったく関係がないということはご存知でしょうか。ですから練習や心がけ次第で完治することができるのです。
あがり症の克服方法はいくつかありますが、まずはどうして人前に出たり緊張するとこれほどあがってしまうのか、その原因を考えてみましょう。ひとつには自分を何とか良く見せたい、そのためには失敗できないという自意識と自分に必要以上のプレッシャ-をかけてしまっていることが考えられます。ですから、まずはそのプレッシャ-を取り除いてあげましょう。多少失敗しても仕方がないぐらいの良い意味での開き直りは、プレッシャ-を排除する大きな武器となるのではないでしょうか。
それからまずはあがり症にならないような態勢を常に作っておくということも克服方法のひとつです。具体的には普段から食べ物に気をつけることから始めてください。あがり症と食生活がどう関係あるのかと疑問に思うかもしれませんが、大いに関係があると言っておかなければなりません。あがってしまうのは、緊張している状態にあるからということは容易に想像できますが、この緊張状態になってしまうのは、脳からノルアドレナリンという物質がたくさん分泌されることによります。ですから、このノルアドレナリンの分泌を抑えることが緊張状態から解放されるカギとなるわけです。ノルアドレナリンの分泌を抑えるために有効なのは、神経伝達物質であるセロトニンだと言われています。別名「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンを多く取り入れることで、緊張を抑えることができます。しかし、残念なことにこのセロトニンは直接食物から摂取することは不可能な物質なので、セロトニンを増やすためにはトリプトファンとビタミンB6を多く含む食物を摂ることを心がけることが肝心となります。具体的には赤身の肉や魚、大豆や乳製品もトリプトファンを多く含む食品です。これらの食物を普段の食事からたくさん摂るように努めることで、緊張しにくい状態を作り出すことができます。
思いもかけずにいきなり人前で話さなければならなくなった場合の即席のあがり症の克服方法で有効なのは、大きく深呼吸することです。人は緊張している時は、どうしても呼吸が速く浅くなってしまいます。そんな呼吸方法が言葉に詰まってしまう引き金となりかねません。そこで、緊張するような場面に遭遇したら、ゆっくりと息を吸うことをまず念頭に置いてみましょう。ゆっくりと息を吸えば横隔膜が広がり、自然と体内に酸素が多く取り込まれます。そしてよりリラックスできる状態を作り出すという訳です。
食事や深呼吸でリラックスすることが身についてきたら、一度自分が話しているところをスマホ等で撮影してみてはいかがでしょうか。例えば友人の結婚式のスピ-チなど、断ることが難しい場面というのはどこかで出てくる可能性が大きいので、その場面を想定して実際に話してみます。聴いている人は自分一人なので緊張する必要はありません。そしてスピ-チをし終わったら、自分自身でチェックしてみます。自分の姿を客観的に見ることは、確実にあがり症の克服方法となります。緊張しなければ案外しっかり話すことができるということがわかるのではないでしょうか。
ここまできたらあがり症の完治は近いと思っても差支えはないでしょう。ビデオを見て人前でもしっかり話せるかもしれない自分を客観ししたら、今度は親しい人の間で少し長いテ-マを設けてスピ-チしてみてはいかがでしょうか。そしてそんな場面でもあまりあがることなく話ができたら、それは大きな自信につながります。そしてその自信こそがあがり症を完治させつ1番の薬となるのではないでしょうか。時には自ら話をする機会に飛び込んで行って、少しずつ人前で話をすることに慣れるようにしましょう。慣れて行けば目の前にいる大勢の人たちは、最初から最後まで自分に注目しているわけでないことが良くわかるはずです。こんな風に最初からあきらめてしまわないで、ひとつひとつできることから始めることが、あがり症を完治に導く近道となります。病院に行かなくても食生活の改善等、自分でできることはたくさんあるので、あまり重く考えないで気軽に始めてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です