あがり症を治すにはどうしたらいい?

あがり症を治すにはまず何故自分があがってしまうのか原因を考える所から始めて見て下さい。
よくある原因はプライドの高さも一つです。プライドが高くなると自意識が過剰になってしまい、人の視線が気になってしまいます。意識すればするほどあがってしまうので、これが原因の方は人の視線を気にしないことから始めてみるとあがり症を治す事に繋がります。
次にあるのが、失敗したくないと言う気持ちが強いとあがり症になってしまいます。仕事でも私生活でもそうですが、失敗しない人間は居ませんので、失敗しても良いと言う位の気持ちで居ると落ち着く事が出てきて、あがり症も治す事が可能です。
またどの様なシーンであがり症が出るのか確認する事も必要です。私生活でも仕事でも関係なく出てしまう場合や初対面の方と話したときのみなのか、大勢の人前に出ると出てしまうのか等、あがり症の方にもシーンによって症状が出る範囲が異なります。
初対面の方と話をするのにあがり症が出る場合は、誰でも多少は緊張するので、落ち着いて対応する事が大切です。初対面では相手の事を良く知らないので、あがり症が出てしまう場合が多く、相手の事を理解すると治まる事もあります。
当たり障りのない話から始めて、相手と共通の盛り上がる事も出来る話題があれば、あがり症も次第に出なくなるはずです。
次に大勢の人前に出るとあがり症が出るのは、場慣れしていない事が考えられます。普段の仕事や私生活で大勢の人前に立つ事がないと緊張してしまうので、普段から人の多い所に行く事によりこれも徐々に治る様になります。
他にも仕事等で大勢の人前で会議を行う事によりあがり症が出る方は準備不足が原因です。何度も会議の為の練習を重ねる事により自信が身についてきますので、次第にあがり症も治す事が出来ます。大勢の人前に出るとプレッシャーを感じる事もありますが、落ち着いて対応を行って失敗しても良い位の気持ちで挑む様にして下さい。
更にあがり症を治す為に普段から心がけておくポイントもいくつかあります。
その中でも常に身体をリラックスさせるのは非常に効果的です。身体が緊張状態だと声も出しにくくなるので、余計にあがり症になってしまいます。ストレッチを行ったり、マッサージする事によって緊張は解れますので、緊張して来た時は身体を動かしてリラックスするようにして下さい。特にストレッチはどこでも行う事が出来ますので、休み時間を利用する等、時間の有効活用をする事も大切です。段々身体がリラックスすると気持ちも落ち着いてきます。
次にあがり症では声が震えてしまう方が居られますが、これも普段から深く息を吸う癖をつける事により克服可能です。深呼吸を行うだけではなく、腹式呼吸をするとより空気の取り込みが出来る様になり浅い呼吸ではなくなる為、声が震える事もなくなります。発声練習も併せて行うようにするとより効果的です。声は相手にはっきり聞こえる様に話が出来る様になると自信も湧いてきますので、あがり症を治す為にも声をきちんと出せる様になるのは大切です。
何度も聞き返されてしまうと余計に緊張してしまいますが、一度で伝わると緊張する事も無くなります。
他にも方法として自分から話し掛けてみるのも効果的です。あがり症は自分から話しかけるのを避けてしまう方が多く、相手から話し掛けられる為、余計に緊張してしまいます。自分から相手に話しかけることにより会話の主導権を得る事も出来るので、落ち着いて話をする事が出来ます。いきなり会話をするのは難しい方はまずは挨拶をする様にして見て下さい。挨拶をするだけでも気持ちに変化が出てきて、あがり症を治す事に繋がります。
挨拶は一言交わすだけなのでハードルは低いですが、日々の積み重ねを行う事が大切です。まずは自分が住んでいる近隣の方に挨拶する様に試してみて下さい。
また仕事のスピーチで緊張する場合は自分のスピーチを動画を撮影して見返してみると客観視してみる事が出来る様になるので、どの部分が問題点なのかも理解する事が出来ます。動画を見直して話の流れで問題点が分かれば、そこを改善するだけで解決します。更に見た目のチェックも行えるので、自然と自信を取り戻すことも出来るはずです。
あがり症は自信の無さからも出てしまうので、少しずつでも自信をつける事があがり症を治す近道でもあります。
その為には積極性をもって様々な人に話しかけるだけではなく、コミュニケーションを楽しめる様にして下さい。
人と話す事が楽しいと感じる様なコミュニケーションが取れる様になってくると話をする事に対して怖さも無くなります。人と話を楽しむためには話題を用意しておく事も大切ですので、テレビやインターネットで日々の話題を取り入れて話をする事により、コミュニケーション能力を高める事が可能です。コミュニケーション能力が高まれば、あがってしまう事も無くなって来るはずです。