あがり症の人が面接を乗り切るには?

進学や就職などさまざまな場面で面接を受ける事になりますが、面接が好きという人は少ないでしょう。中にはあがり症で極端に苦手という人も少なくありません。苦手だからといってずっと避けているわけにもいきませんし、そもそも避けられないという状況では何とか上手く乗り切る方法を考えなくてはなりません。無理にあがっている自分を押さえ込もうとすると逆に上手くいかない事の方が多いので、あがり症と上手く付き合い、緊張している状態でもやりたい事、言いたい事は伝えられるよう工夫する事が大切です。

まずあらかじめ頭に入れておきたいのは面接というのは誰でも緊張するという事です。大なり小なり皆、緊張して望みます。あがり症の人の場合は緊張して本来言いたい事がきちんと言えなかったり、言おうと思っていた事を忘れてしまったりという事がないように心の持ち方を変えるという事が重要となります。

まず面接に臨む前に、みんな緊張しているんだ、緊張しているのは自分だけではないんだと思えば、少なくともそう思う前よりは気分は楽になります。また面接は緊張するものであり、言い間違えたり、上手く伝えられない事もあるという事は面接官も分かっているという事を認識しておくことです。緊張するのは悪い事ではないので、むしろ緊張しているのが自然なんだと言い聞かせる事が大切です。

面接というと、どうしてもミスなく完璧にこなさなければと考えてしまいがちであり、あがり症の人ほどその傾向が高くなります。あがり症の人がなぜそういった状態になってしまいやすいのかと言うと、失敗したくない、恥ずかしい姿を見せたくないという思いが強いからです。面接時に避けなければならないのは黙ってしまう事です。言い間違いをしても良いし、緊張するのは当たり前だと開き直り、ちょっとくらい言葉に詰まったりしても「すみません、緊張してしまって」と言えば面接官も分かっているので配慮してくれるでしょう。

重要なのは緊張しないどうか、完璧に話せるかどうかではなく、志望動機や自分の伝えたい事を相手に伝えられるかという事です。多少言葉に詰まったりするのは問題ではないという事を知っておきましょう。相手に伝えるために大事なのは事前の準備をしっかりと行なう事です。あがり症で上手く喋る事が苦手なのであれば、できるだけ簡潔に自分の意見を伝えられるように、話す内容を書き出し、しっかりと推敲を行なうであるとか、忘れないように何も考えなくても言える位まで復唱するとか、他の人以上にしっかりと準備をするんだという意気込みを持って取り組む事が大切です。

準備をしっかり行なうという事は、あがり症を軽減する事にも役立ちます。自分でもしっかりと準備が出来たと思えばそれは自信となり、全く準備していない時に比べて大幅に緊張の度合いを下げる事が出来ます。事前に模擬面接を多くこなすという事も効果があります、あがり症の原因として経験不足というのが挙げられます。誰でも未経験の事だと緊張してしまうので、面接を受ける場を多く経験し、少しでも慣れた状態にしましょう。友人や家族など、緊張せずに話せる人に協力してもらって実際に聞かれそうな事を質問してもらいましょう。

あがってしまった時になりがちなのが、声が小さくなってしまったりはっきり喋る事が出来なくなってしまったりという事です。面接官に話を聞き取ってもらわなければ始まりませんし、小さな声だとそれだけで印象が悪くなってしまいます。ゆっくりで構わないのできちんと相手に伝わる話し方を心掛けましょう。自分が思っているよりゆっくり、大きな声くらいがちょうど良いです。

また失敗してしまっても落ち込んだり、しまったという表情も出さない事です。間違ってしまっても良いので笑顔を作るようにします。緊張しているのでぎこちなくても構いません。少なくとも笑顔でいれば相手に悪い印象を与える事はないので、普段あまり笑顔を作らない人でも鏡の前で笑顔を作る練習をしてみましょう。地味ですが意外と効果があるのでお勧めです。

必要以上にあがらない為の対策は他にもあります。それは余裕を持って行動する事です。会場の到着時間には余裕を持って着くようにし、復習や心を落ち着ける時間をしっかりと取るようにしましょう。時間ギリギリに到着して、あせった状態で面接を受けると更に状況が悪くなってしまう可能性があります。また、初めて来る環境というのは緊張するものです。今いる環境を見慣れるという意味でも早めに会場に入っておきたい所です。会場が自宅の近くにある場合は、前日などに下見をしておくとより良いでしょう。環境に慣れるという事はもちろんですが、下見をしたという行為自体が自信となります。

大事な事は心の持ち方と十分準備を重ねる事です。これまでに挙げた方法以外にも自分が良いと思った方法は全て試し、やる事は全てやったという状況まで自分を高めていきましょう。考え方や準備は少なくとも他人ではなく自分の努力の範囲で行なえる事なので、ぜひとも取り組みたい所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です