どんなときもWiFiの評判は?契約時のポイントやメリット・デメリットを紹介!

どんなときもWiFi

テレビのコマーシャルをやり、認知度が上がっているどんなときもWiFiについて気になっていませんか?

この記事では、どんなときもWiFiの口コミに多かった評判を説明していきます。

向いていない方やメリット・デメリットもわかる内容のため、ぜひ参考にしてください。

公式サイトはこちら

どんなときもWiFiはどんなプロパイダ?

どんなときもWiFi2019年3月にサービスの提供が開始されたモバイルWiFiです。WiMAXに比べるとまだまだ新しいサービスとなり「怪しい」と感じるかもしれませんが、信頼性や商品の面で見てもおすすめします。

運営会社は「株式会社オールコネクト」の子会社である「株式会社グッド・ラック」。株式会社オールコネクトは通信系の回線を運営しており、株式会社リンクライフ「Broad WiMAX」や「NEXTmobile」など通信系回線の事業には慣れています。

どんなときもWiFi自体は新しいサービスとなりますが、WiMAXなどの事業も運営している為、モバイルWiFiの実績はあり、安心できる会社であることがわかるでしょう。

どんなときもWiFiの口コミに多かった評判

次にどんなときもWiFiの口コミについて紹介していきます。

料金に関する口コミ

どんなときもWiFiの月額料金は3,500円と安い為、料金に口コミに関しては高評価なものが多いです。また、別料金となり少し高いですが「海外利用」できるのもどんなときもWiFiの強み。WiMAXの場合は国内でしか使えませんので海外によく行く人は海外用のレンタルWiFiを申し込まないといけません。

しかし、どんなときもWiFiであれば別料金になりますが海外利用も出来るのでわざわざ別のレンタルWiFiを申し込む必要なく、現地でそのまま使うことができるのです。

通信速度に関する口コミ

通信速度に関しての評判も良く、インターネットが快適に使えている口コミが多いです。

どんなときもWiFiの最高速度は150MbpsとWiMAXに比べて見劣りするかもしれません。しかし、最高速度とはベストエフォートの数字であり、実際にこの数字が出るわけではありません。WiMAXでもどんなときもWiFiの実測値はそんなに変わらないことを覚えておきましょう。

サポート・解約に関する口コミ

どんなときもWiFiのサポートは悪いという声が多いです。壊れて修理に出すときの代替品はなし、修理中も利用料金がかかるなどサポート体制には不満を募らせている方も。

しかし、Twitterで「どんなときもWiFiが壊れた!最悪!」と呟くと「どんなときもWiFiお客様サポート」から返答があるので、対応はマシだと感じる人もいます。まだまだ新しいサービスとなっていますので、これからどうサポートしていくのか模索中なのかもしれません。

端末に関する口コミ

WiMAXは基本、端末を購入するので解約をしても手元に残りますが、どんなときもWiFiは「レンタル」することになりますので、解約時に返却をする必要があります。

その為、解約して「格安SIM」を使って再利用することができません。また、故障や紛失をしてしまうと高い弁済金を支払わないといけないので注意が必要です。

どんなときもWiFiの総合評価

こんな人におすすめ
  • ネットをたくさん楽しみたい人
  • ネット料金を安くしたい人
  • 海外でも利用を考えている人
あまりおすすめできない人
  • 端末を購入したい人
  • サポートを重視する人
  • 最高速度を重視したい人

どんなときもWiFiは料金が安く、またWiMAXのように3日で10GBで速度が制限されるといった縛りがないので、たくさんネットをしたい人の評価は高めとなっています。

その反面、端末はレンタルになりますので解約をしても端末が欲しい人や何かあった時のサポートを重視する人にはおすすめできません。

公式サイトはこちら

どんなときもWiFiの料金プラン

事務手数料3,000円
端末代無料
月額料金3,480円
2年の総合計83,520円
契約期間2年更新
海外利用可能

WiMAXのように7Gプラン・ギガ放題プランというものはなく、どんなときもWiFiの料金プランは月額3,480円でネット使い放題のみです。

ただし、注意しなければならない点は契約金は2年縛り。それ以上使うと料金が値上げってしまうので、必ず更新月で解約するようにしましょう。

どんなときもWiFiのメリット

次にどんなときもWiFiのメリットについて紹介していきます。

1.いくら使っても無制限!

どんなときもWiFiは無制限

WiMAXは「ギガ放題!」と紹介されていますが、実際は3日10Gの通信を行うと速度制限がかかるようになっています。しかし、どんなときもWiFiは本当に無制限で、3日で10G使おうが、20G使おうが問題なく、本物の使い放題になるのです。

ただし、注意しなければいけないのは「使い放題」なのは常識の範囲内で使っている場合に限ります。著しくネットワークを占有するようなことをしてしまうと384kbpsに制限されてしまう可能性があります。

ただ、ネットワークを占有レベルとしては1日に何十ギガのダウンロードを毎日のように行うレベルになるので、普通にネットをしている分、動画を楽しんでいる分には基本的には問題ありません。

しかし、常識の範囲内であってもファイル共有ソフトなどで違法ダウンロードをしている可能性があると判断された時は制限をかけられることもあるので覚えておいてください

もし違法ダウンロードもしていない、毎日何十ギガも使っていない場合はすぐにサポートに問い合わせて制限を解除してもらうよう依頼をしましょう。

2.月額料金が安い!

どんなときもWiFiの月額料金は3,480円のみであり、オプションなどに加入しなければ2年間は上がることはありません。光回線などの固定回線だと戸建てだと月々5,000円以上しますし、マンションだと安いですが導入条件が厳しかったりしてなかなか手が出せない方もいるでしょう。

WiMAXの方が少し安い!と考える方もいるかもしれませんが、先ほども紹介した通り、WiMAXは3日で10Gを超えると制限がかけられてしまいますが、どんなときもWiFiはその心配がありません。

月々3,500円で本当の意味でネット使い放題のどんなときもWiFiはお得といえるでしょう。

公式サイトはこちら

3.3つのキャリアが使えるのでエリアが広い!

どんなときもWiFiの通信エリアは安定

どんなときもWiFiの最大のメリットは「3つのキャリア」が使えるので使えるエリアが広いことです。

この3つのキャリアとはau、docomo、ソフトバンク。それぞれの地域で最善の回線を使い、いつでも快適にネットが使えるようになっています。

「でも回線の切り替えがめんどくさいな」と感じる方もいるかもしれませんが、どんなときもWiFiは「クラウドSIM」を採用しており、回線の切り替えを自動で行ってくれるので、自分でする必要はありません。

都心・郊外ともに快適にネットがすることができるのは一番といっても過言ではないメリットといえるでしょう。

公式サイトはこちら

4.口座振替が可能!

どんなときもWiFiの支払いは口座振替に対応しているのも一つのメリットです。その為、クレジットカードを持っていなくても契約することができます。

誰でもクレジットカードを持っているわけではありませんので口座振替で申し込みができるのもどんなときもWiFiの強みです。

ただし、口座振替だとクレジットカードより500円も料金が高くなってしまうので「月額料金が安い」というメリットが薄れてしまうのはデメリットと言えるでしょう。

5.海外でも利用できる

どんなときもWiFiは海外でも利用可能

先ほども軽くお伝えしましたがどんなときもWiFiは海外でも使うことができます。その数は131ヵ国。1日に1Gまで高速通信ができ、使い切ったとしても384kbpsの低速でインターネットを無制限ですることが可能です。

6.「いつでも解約サポート」で契約解除料がかからない

どんなときもWiFiを申し込み満足が出来なかった場合は高い解約金を支払う必要があり、なかなかネックで契約に踏み切れないという方もいるかもしれませんが、安心してください。

専用窓口に電話すると、系列の通信サービスを紹介してそれに乗り換えることで解除料が免除されます。

どんなときもWiFi以外にも光回線、WiMAXなど他のWiFiサービスが豊富で、自分に合う乗り換え先を見つけることができるでしょう。

ただ、系列以外のサービスに乗り換える場合は解除料は免除されずに高い違約金を支払う必要があります。

系列以外で乗り換えたいが、違約金を支払いたくない場合「キャッシュバック」などを上手く使うようにしましょう。

公式サイトはこちら

どんなときもWiFiのデメリット

次にどんなときもWiFiのデメリットについて紹介します。

1.契約は2年縛りで解約料は最大19,000円かかる

どんなときもWiFiの契約は2年間(自動更新)となりますので、2年以内に解約をしてしまうと契約解除料がかかってしまいます。

それが嫌な場合は更新月に解約をするか、先ほどお伝えした「いつでも解約サポート」で乗り換えないといけません。尚、解約料に関しては下記になります。

契約期間契約解除料
0~12ヵ月目19,000円
13~24ヵ月目14,000円
25ヵ月目(更新月)0円
26ヵ月目以降9,500円

ちなみに25か月目以降は月々の料金が500円高くなり3,980円になるので、25か月目に解約するのが一番良いタイミングになります。

「どんなときもWiFiは通信無制限で気に入ってるから継続して使いたい!」と考える方もいるでしょう。その時は少々手間ですが一度解約をしてから、再度契約をし直せば3,480円で2年間使うことができるので「一度契約を解除して再度申し込みを行う」方法を覚えてください。

2.故障すると弁済金として18,000円かかる

どんなときもWiFiを故障した時は有償交換となり18,000円請求されるのでルーターの取り扱いは日頃から気を付けてください。

または契約申し込み時に月400円の「あんしん補償」を付けておくと、いざという時に無償で端末を交換することができます。ただし、このあんしん補償は申し込み時のみ加入することができ、後付けすることはできませんので、よく考えて加入の有無を決めましょう。

3.充電器はオプション扱いになる

どんなときもWiFiの充電器はオプション扱いで別途1,800円となっています。ACアダプタとしては少々割高となっています。

Amazonや家電量販店に行けば1000円で品質の良いものが売っていることが多いので、どんなときもWiFiの申し込み時に充電器をオプションで購入する必要は基本的にありません。

また、スマートフォンやタブレットなどを使っている方に関しては持っている可能性が高いので充電器を買う必要はほぼないでしょう。

公式サイトはこちら

どんなときもWiFiの契約時のポイント

次はどんなときもWiFiの契約時のポイントについて紹介していきます。

支払い方法はできるだけクレジットカードを選ぶ

支払い方法に関してはできるだけクレジットカードを選ぶようにしましょう。メリットで口座振替もできると紹介しましたが、月額料金が異なり、クレジットカードは3,480円で口座振替だと3,980円となり月額料金のメリットがなくなります。

クレジットカードがない場合は仕方ありませんが、用意ができる場合はなるべくカードを選ぶ方が良いでしょう。

充電器は必要であれば選ぼう

端末オプションで充電器を購入する項目がありますので必要であれば選択してください。ただ、先ほども説明しましたが家電量販店やアマゾンで安くて良いものがありますしスマートフォンやタブレットを使っている場合は、それを使い回せることも。

充電器を選ぶ目安としては、タブレットを持っておらず、初めてモバイルWiFIを契約する時は選ぶのもいいかもしれません。

安心保障は必要であれば入ろう

どんなときもWiFiが故障したときは高い弁済金を支払う必要があり、痛い出費になるので万が一の為に入るのも一つです。しかし、月々400円必要となり、大きな負担となってしまいます。

日々、普通に使う場合は故障することはほとんどないので余程の心配がない限りは選ぶ必要はないでしょう。

公式サイトはこちら

どんなときもWiFiの解約方法

どんなときもWiFiの解約方法は電話とWEBの2つあり、解約手続き後は必ず端末を返却しなければなりません。返却期限は翌月の10日必着。もし返却の確認ができないと18,000円の請求が来ますので注意意思てください。

電話での解約方法

グッドラックサポートセンターに電話をして解約手続きをすることを伝えましょう。

  • 契約名義
  • 電話番号
  • 契約番号

これらを事前に用意しておくことで手続きも簡単になるでしょう。

WEBでの解約方法

① まずはお客様サポートページにログイン

② 「ご登録内容の変更」を選択

③ その中に「契約解除申請フォーム」を選択

④ 名前など必要事項を入力する

⑤ 最後に入力間違いないか確認して解約申請完了

ちなみに解約の締め日は25日となり、26日以降は翌月の処理になりますので12月に解約をしたい場合は11月26日~12月25日までに解約申請を行うようにしましょう。

まとめ

どんなときもWiFiについて紹介しましたがいかがでしたか?

こんな人におすすめ
  • ネットを無制限で楽しみたい人
  • ネット料金を安くしたい人
  • 海外でも利用を考えている人
あまりおすすめできない人
  • 端末を購入したい人
  • サポートを重視する人
  • 最高速度を重視したい人

どんなときもWiFiは月額料金が安くWiMAXのように3日で10GBで速度制限というはなく本物の「無制限」になるので、どれだけ動画を見ても、オンラインゲームをしても問題ありません。

また、3つのキャリアを使うことができ、地域によって最適な回線に自動で繋がるようになっているのでいつでも快適に使うことができるのでWiMAXから乗り換える人も。

ただ、端末はレンタルになりますので、解約後は返却しなければなりません。もし、最新端末が欲しいと思うのであれば「WiMAX 比較記事」で参考にしてみてください。

公式サイトはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました