セブンイレブンのWiFiに接続できない!繋がらない時の原因と解決方法【セブンスポット(7SPOT)】

 

セブンイレブンの足を運んだがWiFiに接続出来なくて困った経験はありませんか。または接続は出来たのにネットが遅くて使い物にならなかったということもあるでしょう。

この記事ではセブンイレブンのWiFiに繋がらない、接続できない時の設定方法について説明をしていきます。また、セブンイレブンの無料WiFiを使う時の注意点についても紹介しますので是非最後まで読んでください。

7SPOTが繋がらない理由と解決方法

セブンイレブンのWiFi通称「7SPOT」が繋がらない理由にはいくつかの原因があります。その原因と解決方法について説明していきます。

回線が混雑している可能性がある

セブンイレブンのWiFiは無料で利用することができるので、時間帯によっては回線が混雑している可能性があります。たくさんそのWiFiに繋げてしまうと親機側がパンク状態となってしまい、回線側は仕方なく速度などの制限をしなければなりません。

これはセブンイレブンに限ったことではなくセブンイレブンホールディングス系列のショッピングモールやデニーズなども同様。無料WiFiに繋げてスマホを操作すると、回線が混雑してそれに伴って繋がらないケースはよくあるのです。

回線が混雑している時は時間をおこう

回線が混雑している場合は、時間を置くしかありません。

どのぐらい置けばいいかは店の混雑状況などに寄っても異なりますが、コンビニのピーク時間帯はなるべく避けた方がスムーズに接続できると思います。

また、後ほど詳しくお伝えをしますが、回線が混雑している時にWiFiに万が一繋がったとしてもネットがほとんどが出来ない、スピードが遅くて使い物にならないことがほとんどなので、この場合も時間を置いたほうがいいでしょう。

初期設定かログインができていない

セブンイレブンのWiFiに接続できない理由としては初期設定かログインが出来ていない可能性もあります。

無料のWiFiに繋ぐ時に設定から対象のSSIDをタップしますが、残念ながらそれだけでは繋ぐことはできません。

初めて接続をする場合はセブンイレブンのWiFiに接続するための会員登録が必要になります。

WiFiルーターからの距離が遠い

次にセブンイレブンWiFiに繋がらないよくある理由としてはルーターからの距離が遠いことが挙げられます。SSID(7SPOT)を認識する位置にはいるけど、その距離が遠いため、接続が出来ない可能性があります。

こちらに関してもセブンイレブンだけでなくショッピングモールやデニーズでも同じで特に大型店舗になりますと、どこにでもWiFiルーター端末を置いているわけではありませんので繋がりやすい場所、繋がりにくい場所があります。

もし、セブンイレブンの駐車場などで接続を試みている方は店内に入ってお試しください。特にイートインが設置してある店舗ではその周辺にWiFiルーターが置いてある可能性が高いので、そのあたりなら使えるかもしれません。

セブンイレブンのWiFiで通信速度が遅い場合

次に接続はできたがネットが遅い理由について紹介します。

回線混雑が原因

もし、接続が成功してもなかなかネットにアクセスが出来ない、見たいサイトに行くことが出来ない場合は回線混雑している可能性が非常に高いです。

特にイートインがあるコンビニでは朝や昼時には弁当を購入して食べる人などもいるので、その分WiFiに繋いでいる割合も多いでしょう。

また、セブンイレブンのWiFiだけではありませんが無料で使えるWiFiはネットの帯域を絞っていることがほとんどです。

その為、接続が集中するとすぐにネットが使えなくなります。

帯域とは
イメージで言えば道路の車線。車線が4つあれば、車も移動しやすいですが、これが1つしかない場合はすぐに渋滞になります。ネットも同じで狭い帯域で通信(車)がたくさんあるとすぐに混雑をして回線が遅くなるのです。

セブンイレブンでWiFiを使う方法

次にセブンイレブンでWiFiを使う方法について軽く紹介します。

セブンイレブンでも簡単に登録することができる

「セブンイレブンWiFiを使うには複雑な会員登録が必要なのではないか?」と思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。セブンイレブンの中で簡単に会員登録を行い設定をすることができます。

会員登録に必要な情報は下記になります。

  • メールアドレス
  • 性別
  • 誕生年
  • パスワード(自分の好きなもの)

この4つを入力をして利用規約に同意するだけで簡単にセブンイレブンのWiFiを使うことが可能です。尚、詳しい登録方法についてはこちらを参考にしてください。

セブンイレブン無料WiFi利用時の注意点

次にセブンイレブンの無料WiFiを使う時に注意するべきポイントをお伝えします。

個人情報入力は辞めておく

セブンイレブンのWiFiは無料で利用できるので、誰でも使うことができる反面セキュリティレベルがとても低いです。

暗号化がされていないということは、情報を盗むことも簡単にできます。その場に悪意のある人がWiFiを利用してクレジットカードなどの個人情報を盗んだりする可能性も。

「本当にそんなことがあるの?」と思う方もいるかもしれませんが、実際に無料WiFiを利用してハッキングされた被害もあります。その為、セブンイレブンを含めた無料WiFiでは

ネットサーフィン(ただし閲覧するだけ)

  • Youtubeなどの視聴
  • マップの確認
  • アプリのダウンロード

といった個人情報を必要としないWebコンテンツの利用することだけに限定しましょう。

もし、無料WiFiを利用してネットショッピングなどをしてしまうとパスワードの情報が抜かれたり、最悪クレジットカードの情報が洩れてしまい、多額の被害にあうかもしれません。

セブンイレブンのWifiに登録すると家のネットに繋がらなくなった

セブンイレブンのWiFiに登録をして利用をすると「家のネットに繋がらなくなってしまった」ということもあるかもしれません。

これは情報を抜かれたとかではなく「自動接続」に設定されていないだけの可能性があります。

設定されているかどうかはandroid・iPhoneによって操作が異なりますが「設定画面」の「WiFi」でこれから繋ぎたいSSIDの詳細情報を見れば「自動接続」がオンかオフになっていることを確認することができると思います。

また、自動接続になっているのに家のネットに繋がらなくなってしまった場合は一度セブンイレブンのWiFiを削除してから再度繋ぎ直してみるといいでしょう。場合によっては、無料WiFiなどの電波が邪魔をして家のネット回線に繋がりにくくなることもありますので、注意してください。

セブンイレブンに入ると使わないのに勝手に繋がる

セブンイレブンに入ると、利用するつもりはないのに勝手にWiFiに繋がってしまうこともあるかもしれません。それは先ほどの家のネットに繋がらなくなったと同様に「7SPOT」が「自動接続」になっている可能性が非常に高いです。

基本的に無料WiFiに繋げているだけであれば、セキュリティ上そこまで心配する必要はありませんが、勝手に繋がってしまうのは心配な人も多いでしょう。

もし、セブンイレブンのWiFiの範囲に入ったとしても勝手に繋がって欲しくない場合は設定から自動接続をオフにしてください。

セキュリティ気にするなら有料のもある

セブンイレブンには有料にはなりますが「Secured WiFi」というWiFiスポットがあります。

「えっ、お金がかかるの?」と思うかもしれませんが、無料WiFiより各段にセキュリティレベルは上がります。

「利用可能時間無制限」で駅、コンビニなどを含めた全国49000ヶ所で利用することが可能です。

ただし、利用できる業者は限られており、現在、このサービスにオプションとして使うことができるのは「OCNモバイルONE」「LINEモバイル」「BIGLOBEモバイル」になっています。

尚、月額の料金は契約するSIMにより異なり

MVNO業者名
BIGLOBEモバイル250円※月6GBコース以上は無料
OCNモバイルONE無料
LINEモバイル200円

となっていますので、格安SIMをこれから検討するかたは、是非使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

 

セブンイレブンのWiFiに接続できない、繋がらない原因や接続をして遅くなってしまう理由について紹介しましたがいかがでしたか?

今まで一度も設定したことない人は会員登録を行ってみてください。もし、回線混雑により繋がらない、接続できてもネット回線が遅いと感じる方は、一度時間を置いて利用するようにしましょう。

無料WiFiは通信速度に引っかかりそうな人、または通信を節約したい場合にとても便利ではありますが誰でも使えるメリットは情報が盗まれやすいデメリットがあります。その為、セブンイレブンなどの無料WiFiを利用する時は「個人情報」などの入力は絶対に辞めましょう。

もし、家にWiFiがなく外の公衆WiFiを使いたい場合は有料のサービスがありますので是非活用してみてください。無料よりも各段にセキュリティサービスが上がりますので、どうしても個人情報を入れる必要がある場合は暗号化された有料のWiFiを使うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました